ごあいさつ

取締役社長 今泉 明人の写真
取締役社長
今泉 明人

箔事業会社のさらなる成長を目指して

UACJ製箔は2014年1月1日に日本製箔株式会社と住軽アルミ箔株式会社が合併し、UACJグループの箔部門を担う事業会社として発足しました。

当社はUACJのグループ理念である「素材の力を引き出す技術で、持続可能で豊かな社会の実現に貢献する。」の下、「箔で暮らしを支え、環境負荷軽減に貢献する」をありたい姿とし、総合箔メーカーとして食品・医薬品の包装用アルミ箔から、エレクトロニクス・自動車分野のコンデンサ箔・リチウムイオン電池用箔、建築、日用品までの幅広い分野の金属箔製品を製造・販売してまいりました。

近年の世界的な脱炭素社会の実現に向けた動きのなかで、当社のありたい姿を一層実現していくことを目指して、2023年4月1日(予定)を効力発生日として東洋アルミニウム株式会社と経営統合することを2022年8月31日に公表いたしました。

これまで培った技術開発力、生産技術力、現場力、品質・納期対応力にさらに磨きをかけ、日本の総合アルミ箔メーカーとしてお客様のご要望に応え、新たな社会の発展に貢献してまいります。