ごあいさつ

取締役社長 新堀 勝康の写真
取締役社長
新堀 勝康

箔事業会社の統合のさらなる進化を目指して

UACJグループの箔事業を担う当社は、2014年1月1日、古河スカイグループの日本製箔株式会社と住友軽金属グループの住軽アルミ箔株式会社が合併し誕生いたしました。

合併当初掲げた、「グローバルマーケットで確固たる存在価値を持つ総合箔メーカーになる」ことを引き続き経営の基本方針として、激変する世界レベルの事業環境に常に前向きに対応してまいります。

この基本方針のもと、当社は、2社統合のシナジーをもって、これまで培った技術開発力、生産技術力、現場力、営業力、品質・納期対応力にさらに磨きをかけ、信頼を得る製品とサービスのご提供を通じて、お客様満足度の最大化につとめてまいります。また、行動の基本として、法令順守、安全第一を徹底し、健全、堅実な事業運営に徹します。

今後とも社員一丸となって、たゆまぬ努力を続け、アルミニウムをはじめとする箔の可能性を追求し、広く社会に貢献してまいる所存です。  

変わらぬご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。